読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pick me up!

デジタルガジェットとかプログラミング

無線LANコンバーターを更新した(Aterm W500Pレビュー)

今回は無線LANコンバーターを11n対応から11ac対応に更新したらすこぶる快適だったという話です。

TV録画サーバの動画を別部屋で再生するために、TV録画サーバに無線LANコンバーターをつけています。 そんな面倒なことセずとも、USBトングルやPCI-Expressの11ac対応NICを刺すという手もあるのですが、Linuxだとその辺りのデバイスドライバが結構面倒なことがあるのであまり考えなくても良い方法をとっています。

もともと使用していたのはBUFFALOのWLI-UTX-AG300/Cです。11n対応で最大リンク速度300Mbpsですので、TV番組を再生するには十分な帯域が確保できるはずなのです。しかし、我が家の電波環境は悪く、ときどきデータの転送が再生に間に合わずに一時停止してしまうことがありました。

ということで、せっかくWiFiのアクセスポイントが11acに対応しているんだからということで、11ac対応のコンバーターを探していたところポータブルルーターAterm W500Pがコンバーターにもなるということを知り、今回導入してみました。

製品名 Aterm W500P WLI-UTX-AG300/C
無線LAN規格 IEEE 802.11ac/n/a/g/b IEEE 802.11n/a/g/b
無線LAN最大リンク速度 433Mbps 300Mbps
有線LAN速度 100Mbps 100Mbps
日本電気 AtermW500P(ブラック) PA-W500P-B

日本電気 AtermW500P(ブラック) PA-W500P-B

BUFFALO 11n/a/g/b 300Mbps 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C

BUFFALO 11n/a/g/b 300Mbps 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C

結果は上々

Aterm W500Pにしてから、動画再生で一時停止することがなくなりました。先にも書きましたが11nの300Mbpsでも帯域は十分に足りていますし、そもそもどちらのコンバーターも有線LAN側が100Mbpsなので、リンク速度ではなく11nよりも11acのほうがプロトコルとして優秀だということなのかもしれないですね。

セットアップはとても簡単

コンバーターとして使用するには以下のステップで設定します。 1. 正面のスイッチをCNV(Converter)に設定する。 2. 底面にあるボタンを押しながら電源を入れる。 3. Aterm W500P上で設定用のWebサーバが立ち上がるので、それにアクセスする。

Aterm W500Pの良いところ

  1. とてもコンパクトにまとまっています。
  2. コンバーターだけではなくポータブルルーターとしても使える(商品としてはそちらがメイン)
  3. 電源がmicroUSBコネクタで供給できる。つまり、いざというときにスマホの充電用のケーブルを流用できる。

Aterm W500Pの残念なところ

  1. 有線LAN側が100Mbps。せっかく433Mbpsの11acに対応しているがフルに発揮できていない。
  2. ACアダプタは添付しなくて良い。少しでもコストダウンしてほしい。
  3. 小さい筐体故にランプやコネクタの位置がまとまっていない。 正面:ルータ、コンバーター、公衆無線LAN接続モードの切り替えスイッチ 背面:電源コネクタ(microUSB)、LANコネクタ、LANコネクタランプ、5GHz/2.4GHz切り替えスイッチ 右面:各種インジゲータ(電源、ACT、2.4GHz、5GHz、Converterモード) 左面:ストラップホール 底面:設定ボタン(Converter利用時)